socialmedia guideline

ソーシャルメディアガイドライン

目的

ソーシャルメディアは今や、個人や法人を問わずコミュニケーションの手段として有効な手段であり、当社においても従業員にソーシャルメディアの積極的活用を推奨しております。一方でソーシャルメディアによる情報発信には、適切な内容や表現に留意する必要性があります。
このたびソーシャルメディアに関するガイドラインは、従業員がソーシャルメディアを利用する場合に、良識ある適切な活用ができるようにルールを定めたものであり、従業員に対して継続的な研修を実施することで、その遵守を徹底してまいります。

 

ソーシャルメディアを利用する場合のルール

当社の従業員がソーシャルメディアを利用する場合には次の事項を遵守しなければなりません。

  • ソーシャルメディアを通じて情報発信をする場合には、法令、社内規則、ルールを遵守し、情報発信をおこないます。
  • ソーシャルメディアを使用する場合は、その規約、仕組み、設定等を事前に十分確認するとともに、その発信内容を事前に確認してから発信します。
  • ソーシャルメディアを通じて発信した情報は、日本だけではなく世界中の方が閲覧可能であることを認識し、表現方法や表現内容に留意いたします。
  • ソーシャルメディアを通じて情報を発信する場合には、本人の同意を得ないで個人情報やプライバシーに関する情報を発信しません。
  • アカウントの乗っ取り等を防止するため、ログイン名およびパスワードの管理を適切におこないます。
  • SNS等による投稿等により、会社の信用を毀損又は会社に損害を与えたときは就業規則に基づき、処罰対象になる場合があります。

 

公式SNSでの見解

当社の公式SNSで発信する発言や情報は必ずしも当社の公式の見解であるとは限りません。当社の公式見解については、当社のウェブサイト( https://basicinc.jp/news )の内容をご確認ください。

 

公式SNS

以上