プレスリリース

お知らせ

メディア掲載

ベーシックが企業の新しい防災のカタチ「BACoN(ベーコン)制度」を導入

2018-09-11

Webマーケティングサービスや比較メディア事業を展開する株式会社ベーシック(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋山勝)は、2018年8月30日(木)、災害が発生した場合に従業員の安全を守る制度、「BACoN制度」を導入したことを発表した。

自発的に成長し続ける人材・組織をどうつくる? 比較でみる、マネジメント機能不全の対処法(全2回)【前編】ホラクラシー型とヒエラルキー型の最適バランスとは?

2018-09-11

2018年2月に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催された「働き方を考えるカンファレンス2018」 (主催:一般社団法人at Will Work)にて、弊社代表 池照が、株式会社ベーシック 代表取締役 秋山勝さんと、「マネジメント」をテーマに対談という形で登壇しました。働き方が大きく変わりつつある今、組織の在り方やそのマネジメント方法の最適解を模索している企業・ビジネスパーソンも多く、カンファレンス後に「もっと聴きたかった!」のお声を頂いたため、今回もう一度、秋山さんとこのテーマについてさらに掘り下げるべく対談して来ました。多くの発見が得られたその内容を、前後編2回に渡ってお届けします。

IT活用のススメ第二回「SaaS事業者だけが知っている導入を成功に導く4つのポイント」

2018-08-30

「企業家倶楽部」8月号(No.136)より、弊社代表秋山が執筆を手がける「IT活用のススメ」をテーマにした連載がスタートいたしました。第二回となる今回のタイトルは「SaaS事業者だけが知っている導入を成功に導く4つのポイント」。

Kintone、ウェブ集客ツール「ferret One」とデータ連携

2018-08-23

ベーシックは8月23日、同社が運営する「ferret One」が「Kintone」とフォームの登録データ連携を開始した。

「ferret One」が「kintone」とデータ連携を開始

2018-08-23

ベーシックは、オールインワンマーケティングツール「ferret One(フェレット ワン)」がサイボウズの業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」とフォームの登録データ連携を開始したと発表した。

ベーシックのマーケティングツール「ferret One」、kintoneとのデータ連携に対応

2018-08-23

株式会社ベーシックは23日、自社のマーケティングツール「ferret One」とサイボウズ株式会社の業務アプリクラウド「kintone」との間で、フォームの登録データ連携が可能になったと発表した。

ベーシック、「ferret One」で「kintone」とのデータ連携を提供

2018-08-23

ベーシックは8月23日、マーケティングツール「ferret One」で、サイボウズの業務アプリケーション開発基盤サービス「kintone」とフォームの登録データを連携する機能提供を開始したと発表した。

ベーシックの「ferret One」、サイボウズの「kintone」とデータ連携を開始

2018-08-23

ベーシックは、同社が運営する「ferret One(フェレット ワン)」において、サイボウズが提供する業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」とのデータ連携を開始した。

Webマーケティング基盤「ferret One」がサイボウズのkintoneとデータ連携

2018-08-23

企業のWebサイトを開発・運用する基盤サービス「ferret One(フェレット ワン)」を運営するベーシックは2018年8月23日、サイボウズが提供するクラウド型の業務アプリケーション開発・実行環境である「kintone(キントーン)」との連携機能を追加したと発表した。ferret Oneのフォームに入力したデータをkintoneのAPIを介してkintoneに引き渡せる。

MISSION

Webマーケティングを
世界一簡単にする

ベーシック独自のWebマーケティング力を軸に展開する様々な事業で、社会のあらゆるものを問題解決することがベーシックのミッションです。

VISION

Webマーケティングをもっと身近に
世の中をもっとクリエイティブに

より多くの人にWebマーケティングが広まれば、社会はもっとクリエイティブになる。私たちのビジョンである「Webマーケティングの大衆化」を実現することで、社会の問題解決を目指す。それがベーシックです。

RECRUIT

あなたは
「やり抜ける」人ですか?

組織とはある目的を実現するための集団、だとするならば、目的を実現するためには全員が「やり抜く」姿勢を持つ必要と責任があると言えます。あなたは「やり抜ける」人ですか?

新卒採用サイト

狙って、成長する。

みんな「成長したいか?」と問われればイエスと答える。であれば、「どう」成長したいのかも一緒に考えるべきだ。
気合に委ねた結果論的な成長じゃなくて、決めた領域で狙って成長しよう。
成長は、創造のため。創造は、問題解決のため。我々の成長は、核心に向かっている。