フランチャイズ部/羽渕 あやの

「理想をえがき、進むことでワークとライフのバランスが取れる」

フランチャイズ事業部/羽渕 あやの

2012年新卒入社。営業職にて新規開拓を行い1年目に月間MVPを獲得。
その後業務効率化を推進すべく企画職の立上げに携わり現職に至る。現在各種イベントの企画・運営と業務効率改善を担当。


自身が担当している事業を説明してください

私の事業部がフランチャイズ事業部というところに属しておりまして、何をやっているところかと言いますと、日本のフランチャイズと呼ばれる、例えばセブンイレブンさんみたいなコンビニさんですとかファーストフードなどのフランチャイズの会社さんが日本には多くいらっしゃいまして、そこに独立加盟したい個人の方ですとか、あとは新規事業としてそういった事業をやってみたいという方針の方のマッチングをするビジネスをやっております。

ベーシックに入られてどれくらいですか?

私は新卒入社でして、入社3年目になります。私の就職活動の仕方が周りとはちょっと違っておりまして、いろいろな軸で探してはいたんですけれども、きっかけは留学生活という弊社のサイトがありまして、どういったサイトかと言いますと、留学したい人が見るようないろんな留学のエージェントを比較するようなサイトになるんですけれども、当時留学したいと考えておりまして、そのサイトを見まして。その時にですねいろいろ海外に関わりたいと思っていたところから、こういった形で日本でも海外に関わる方法があるんだということで、会社概要を見てそのまま説明会に来てそのまま就職といった形になります。

事業における自身の役割は何ですか?

私のフランチャイズ事業部というのが3つのチームに分かれておりまして、一つ目がフランチャイズのサイトを作って運営している制作チーム、もう一つが営業、最後私のチームになるんですけれども企画というところがあります。何をやっているかというと、フランチャイズに関するイベントですね、北海道海から沖縄までイベントを運営しておりまして、その運営と、あとはフランチャイズ事業部全体の業務効率化を行っているチームになります。例えばで言いますと、来年こういったイベントがやりたいということになりましたら、そこの売り上げ関係はもちろん見ますし、会場の設営・運営から企画書等々の作成と、あとは制作チーム、営業チームと連動してコンテンツつくりから集客から当日の運営まで行っておりますね。幅広く行っているところですね。特に制作チームと営業チームの間に入るようなチームになりますので、企画チームが主体となって色々なチームを巻き込んで目標を達成していくっていう形で行っています。

イベントを行う上で大変だったことは?

日々感じているんですけれども、やっぱりイベントの運営で言いますと、出展される会社さんがどれだけ集まるか、売り上げがどれくらいたまるかっていうところの目標もありますし、もちろんその方々がご満足いただけるような集客、どのくらいの人が呼べるかというところもありますので。それで言うと、制作チームと営業チームとすべて連動して動かないといけないところがあります。なので、いかに巻き込んで、いかにお互いに苦にならないで気持ち良く仕事ができるかってところは、一番大変なところでもありますし、一番楽しいところでもあるかなと思っています。

日々の業務で、どんな人のどんな問題を解決していると実感していますか?

イベント全体で目標を達成したときですとか、業務効率化が推進ができて、全体のチームとしてでも、誰か人でおいても明らかに仕事量が減ったとき、というのが達成した瞬間で問題解決した瞬間かなと思っています。特に企画という仕事が、事業部いろいろな方と関わって行うような仕事になりますので、それでいうといかに相手に気持ち良く仕事をしていただけるかっていうものを日々考えて、それによってその人の目標が達成したりとか、全体の目標が達成したっていうのが解決につながるのかなと思います。

事業部全体の人数構成は?

制作チームが7~8人ほど、営業が6人ほど、企画が3人です。企画が中心になってというのは語弊があるかもしれないんですけれど、連携を取ってという形になるかもしれないですね。企画が制作・営業と連携を取って動いていくっていうことなので、人数は少ないながら、全体でいうと大きい仕事をしているんだろうなっていう感覚はあります。

仕事をする上で大事に考えていることは何ですか?

いろいろは人を巻き込むっていうことが大切にしておりまして、自分の強みであり弱みでありを自覚はしておりまして、また、チームのいろいろな方の強みであり弱みでありを認識しておりまして、それをうまく組み合わせていく。組み合わせていくことによって、いかに目標に向けて最短で最善の道を描けるかっていうのを大切にしています。

人の強みと弱みを見極める際にどこを見ているか

日々の仕事ぶりっていうのは一番見ておりまして、同じAという仕事でもこの人は時間は遅いけれどかなり正確にやってくれるだとか、この人は早いけれどちょっと雑ですとか、この人は時間としては普通くらいなんですけれども気遣いが素晴らしいといいますか、いろいろなタイプがあると思うんですよね。なので、業務が発生した段階によって、今回の案件Aについては、こういったスキルを求めているっていうのがあったら、その方にお渡しするっていうものは考えてやっていますね。1年目2年目はがむしゃらにやっていたっていうところがありまして、特に2年弱くらいは営業におりまして、そのあと企画に移っております。なので、営業のときは営業の目標を達成することを常に念頭において考えておりましたので。そのあとチームを移った際に、自分だけではいけないんだといいますか、個人の目標ですとか、個人がどれだけ上に上がるかっていうことではなくて、全体としていかに周りを巻き込んであげていくかということを考えないといけないということに気づきまして。それからしっかり周りを見るようになって、他人の強みですとか弱みですとかを見極められるようになったと思います。

営業から企画へと移ったきっかけは?

そもそもうちの事業部には企画というものがありませんで、営業と制作だけだったんですね。ただ、それだけですとあまりにも業務が煩雑になっていまして、この案件に関しては誰々しか分からないですとか、あと3か月に1回くらいは当時はイベントを行ってはいたものの、運営する管理者がいなかったっていうことがありました。なので、その状態は明らかにおかしいということになりまして、そのタイミングで企画という新しい部門を作ろうと。その時に、営業であった私と私の上司が企画に移動したって形になります。抵抗というのはあまりなかったというのが正直なところでして、もともと自分の性格上、あまり非効率なことは嫌いっていうものがあったんですね。その当時の事業部ですとかチームの動きというのはやっぱりどうしても属人的でして、連携が取れていなかったりですとか個人で動いているというところが大変強くて、ちょっと悶々とした気持ちをもっていたことがあったんですね。なので企画に移動したことによって、自分のやりたいようではないんですけれども、チームとしてどう動くかですとか、属人的にならない方法ですとか、業務効率化するためにはどうしたらいいのかって考えられるようになったのは大変うれしいことだと思っていますし、もちろん難しいこともありますが、そんなに抵抗はないなと思っています。

「働き方」で大事に考えていることは何ですか?

一番大切にしていることは理想を忘れないことだなと考えています。誰しもがあると思うんですけれども、理想を大切にするっていうのはいい言葉だと思うんですけれど、それだけではいけないと思っておりまして、その理想を達成するためには、私は10年後どうしていって、5年後どうしていって、3年後、1年後、半年後、3か月後、1か月後、1週間後どうしているかっていうのをすべて決めたうえで動かないといけないと考えています。なので、その道順と言いますか、そこをしっかりと決めて、それがすべてちゃんと理想に向いているのかというのを確認するっていうのが働くことで一番大切にしていることだと思います。
理想に向けて、どう行けば一番そこにたどり着けるのかというのを明確に描いていく。もちろんですね、先のことになるとぼやけてしまうことはあるかと思うんですけれども、それは常日頃修正すべくですね、どんどん最新のものにしていくっていうのは忘れずに思っているところです。
私の理想というのは、個人の理想でありますので、その中にもちろんプライベートと働きっていうのは含まれているんですね。なので、仕事だからこの部分を気を付けようとか、プライベートだからこの部分を気を付けようということはなく、生活前提として気にかけているところにはなりますね。なので、仕事上で関連書籍を読まなければならない、セミナーに参加しないといけない等々はあったとして、それは私が理想に向いている、自分の目標に向いていると思えば、別にそれは平日休日関係ないなと考えているんですね。なので、私の中でいうワークライフバランス的なものはしっかりと取れているんではないかなと思っています。

ブログ
社長ブログ
JFC社長ブログ
人事・HRブログ
エンジニアブログ
個人情報保護方針
サイトマップ
お問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?