interview

ゴールまでの手段は問わない。
中途も活躍できる開かれた仕事環境

マーケター・企画
清水 久美子(中途・2018年入社)

外から見ても中から見ても好印象

前職では医療関係の企業でオウンドメディアの企画編集を担当していました。実はそのときから「ferret One」のユーザーで、事例インタビューの取材を受けたこともあるんです。その後、転職活動をしているときに、たまたまベーシックの人から連絡をいただき、ご縁があって入社することになりました。

 

ユーザーだったときから、ベーシックの方がとても親切な応対をしてくれたことを覚えています。単純に。操作方法や技術に関する質問に回答するのではなく、一緒に寄り添って問題解決に向き合ってくれる。取材のときも、非常に好印象でした。ディレクターの方が、真剣に一言一言に耳を傾けてくれて。成功体験をくれたサービスというイメージにプラスして、社員のポジティブな対応が、ベーシックという会社への興味につながりました。実際に転職してみても、期待値から下がらず、むしろ人柄の良さを日々感じられるのが、ベーシックのすごいところだなと感じています。

共通言語を増やすための工夫

イメージのギャップは全くなかったものの、スキル的なギャップは少なからずありました。私は現在「ferret One」のセールスチームやアカウントチームがお客様に提案するための説明資料を作成しています。資料を作成する中で、前職よりも広い意味でのWebマーケティングの知識が必要となりましたし、新たに覚えなくてはならないプロダクトの知識もあります。


不足しているWebマーケティングの知識に関しては勉強で解決できますが、プロダクトに関する知識については、自力で習得するには限界があります。そこで、知識の共有の場を活用することで、問題を解決しました。具体的には、プロダクトの構造や開発知識を職種間を超えた共通言語にするために、セールスチームとCS、アカウントチームを巻き込んだ「合同共有会」に参加するようにしたのです。結果として関係部署全体で知識をアップデートできるようになり、全体にゆるやかな連帯感が生まれつつあります。中途だからこそ、こういった仕事のしやすい環境作りに、自分から飛び込んでいけたのかなと思います。

プロフェッショナルとして大切にしていること

私が仕事で一番大切にしていることはシンプルに「サービスをより良くしたいという思い」です。ユーザーとして「ferret One」を使ってきたからこそ強く思うことかもしれませんが、Webマーケティングを成功へと導いてくれる素晴らしいプロダクトに誇りを持つべきだと思うんです。今は実体験を武器に、質の高いコンテンツを作成することに注力しています。

 

また、サービスの成長を加速させるために、自分には何ができるかを考えてみると、ベーシック全体の「知識の融合化」をサポートができるように感じています。ベーシックの仲間は、一人一人プロ意識が高く、個々で問題を解決してしまう場面も多いです。だからこそ、もっとお互いが巻き込み合える体制を作れると、知識量も増え、組織としてスピードが出るのではないかと感じています。成功のための王道メソッドをテンプレート化していく作業など、直接的な事業へのコミット以外でも、サービスをより良くすることに繋がる活動を展開していきたいです。

成功体験をもとに新たなコンテンツ作り

中途入社の場合、細部まで指示されてしまうと、これまでのやりかたを使えず、本来の力を発揮できないケースがあります。しかし、ベーシックでは、どんな手段をとるのかは自由。信頼して仕事を任せてくれます。もちろんその反面、責任感も伴いますが、自分のやり方でビジョンを具体化することを許してくれるので、中途入社であっても、のびのびと働きやすい環境であることは間違いありません。

 

私は、これからベーシックで、ユーザーとしての成功体験があるからこそ生み出せる新しいコンテンツ作りに挑戦したいです。私一人ではなく、その体験をベースに周りの人を巻き込んでいけば、ユーザー1人1人のWebマーケティングに寄り添った媒体が生まれるんじゃないかと考えています。

ENTRY

募集職種

マーケター/ディレクター/セールス/エンジニア/デザイナーなど、共に成長を目指す仲間を募集しています

MEMBER

社員紹介