Beyond
the
Role!

デザイナーが、
領域を超えていこう

WHY

募集する理由

デザインの力を事業成長の力に

ベーシックのデザイナーは、社内でかかえる8つのサービス、それぞれのビジネス課題をデザインの力で解決する仕事をしています。

ユーザビリティに基づいたコンテンツの導線設計や、サービスUIの改修・改善など、「デザインの前も後もデザインできる」環境で働いています。そして、サービスの市場や強みに寄り添って考えながら、ビジネスとしての事業成長を目指しています。

より多くの仲間と近い距離で、意見を交換しやりがいを分かち合いながら働きたい。そんな気持ちから、一緒に事業成長のお手伝いしてくれるデザイナーを募集しています。

STACK

いいものを柔軟に取り入れる環境

  • zaru
  • zaru
  • zaru
  • zaru
  • zaru
  • zaru
webデザインの現場で使用するツールは、今や多種多様にあり、日々アップデートされ進化を続けています。
ベーシック開発部では、より効率よく作業負担を減らし、プロダクト開発に集中するため、社員からの要望をもとに積極的に新しいツールやサービスの利用を取り入れています。
結婚相談所比較ネット

WebメディアのフルリニューアルをSketchで制作

結婚相談所比較ネットは2019年にフルリニューアルを行うこととなり、それまでのUI・グラフィックを見直して、Sketchでデザイン制作を行いました。シンボルでのコンポーネント管理ができるようになり、アトミックデザインの考えに沿ったデザイン運用がしやすくなりました。

CO-CREATION

1人で完結するのではなく、チームで価値を創造する

私たちはプロダクトチームのメンバー全員が同じように連携する「コ・クリエーションモデル」を採り入れています。

職種や立場に関係なく、みんなでアイデアを出し合いながら、サービスを良くしていく環境を目指しています。

ユーザと距離が近いところでデザインを考えられるので、反応や刺激があり楽しんで制作に取り組めます。

デザインデータの共有にはinvision、zeplin、figmaなどを使っています。

エンジニアやディレクターなど多くの人に簡単にプロトタイプを共有することができ、集中して制作を行えます。

サービスの理解と連携を深めるため、チームごとにデザイナーが専属する形ですが、個々のパフォーマンスを活かせるよう、より良い体制を模索しています。

HOW TO ENJOY

創造をわくわくできる工夫

インプットを推奨する環境

ベーシックの開発部では 自主的に声を上げれば、イベント参加補助費用がでます。

Adobe MAX, Designship, Design scramble 等 自分の興味ある外部イベントへ積極的に参加ができます。

アウトプットができる環境

インハウスのデザイナーを集めた デザイナーゆるのみ、を不定期開催しています。

オープンスペース「basic bar」を自由に利用できる他、イベント開催費補助が出るので、外部と積極的に知見共有する場として活用しています。

副業OK、可能性が広がる環境

副業制度を使って、社外で個人の仕事をすることが可能です。スキルアップや自身の将来のため、普段の業務と異なる領域や、違った役割で副業している社員が多数います。

WELFARE

定番だけど大事な制度

  • フレックスタイム制度
  • 書籍購入制度
  • 勉強会補助
  • イエチカ制度(家賃補助)
  • ツール・エディタ購入補助(sketch/Adobe等)
  • 資格補助・受験補助(HTML5検定/TOEIC/etc..)
  • ストックフォト購入補助(istock/Shutterstock/Adobestock/etc..)
  • PC, 高解像度モニタ

CULTURE

大切にしている文化

デザイナーが、いちばん効果を発揮できる働き方を考え続ける。

ベーシックのデザイナーは、whyをとても大事にしています。
「そもそも、なぜやるのか?」「ゴールはなにか?」「本当にそれでいいのか?」先入観に囚われず、常になぜを考えながら働いています。目的達成のために必要であれば、初期段階から設計に入ったり、既にある業務フローに手を入れたり、分析から入ったり。デザイナー自身が企画を考えて働きかけることもあります。
単純な「創り手」の役割を超えて、プロダクト成長のために 様々な提案ができるデザイナーが活躍しています。

こんなデザイナーがベーシック開発部にはいます。

自分のアウトプットでサービスが良くなる事が嬉しい

デザイナーだけど、数字を見たり、分析することが好き

学んだことを気軽に共有できる

役割を跨いで、チームで協力できる

話題の技術・デザインの話をするのが好き

わからないことをオープンなチャンネルで質問できる